© Copyright ©  .2016 by Visions Palette All Right Reserved

​目黒区中央町2−40−9 中央町ビル1f

  • Facebook Clean

普段、ほめられる機会はどのくらいありますか?

むしろ、成果や結果ばかりに追われていませんか?

人からほめられる、認められる、ということは、

人が成長するための一番の原動力。

人は、

愛され

ほめられ

認められ

尊敬されることで、

自分らしさを見つけ、自分に自信を持ち、

自分らしく輝ける夢や志を実現していきます。

けれども、できて当たり前、

できなければダメという、

加点より減点評価の時代のなかで、

ほめられる機会が少ないのが現状ではないでしょうか。

美術や芸術の世界では、

1+1=2というような正解はありません。

100人いれば100とおりの正解があります。

オンリーワンの個性を愛して、ほめて、認めて、

“やらされる”のではなく“やりたい気持ち”

を伸ばすために、最適なジャンルだと考えています。

これから主流になっていく学びのスタイルは「アクティブラーニング」。

これは、従来の知識注入型の受動的な受講形式から、

学ぶ側が課題の発見と解決に向けて、主体的・協同的に学んでいくこと。

かみくだいていえば、“0から1を生み出す力”を身につける方法です。

わたしたちは美術や芸術の世界でこそ、

このアクティブラーニングを学ぶ絶好の機会だと考えます。

一方通行な講義や、右に習えで、金太郎あめのように同じ絵を描かせる絵画教室ではありません。

ほめて認めることで自分の“やりたい“を発見させ、

先生である芸大生や仲間とのコミュニケーションを通じて、

主体的に課題を解決して、アイディアを形にしていきます。

作品を制作するプロセスには必ず、計画→試行錯誤→完成があります。

その繰り返しにより、

・自分で責任もって考えるプランニング能力

・可能性を想像して先に動く姿勢     

・多くの成功体験の蓄積         

・“やりたい”という自発性と主張の定着  

などが身についていくと考えます。

はじめまして

Visions Palette

”ビジョンズパレット”

​です。